SIGHTSEEINGおすすめ観光 : 周辺の温泉

周辺の温泉RECOMMEND SPA

  • 富士山の温泉 天恵

    70 point
    ここは水着ゾーンと裸ゾーンとに分かれており、水着ゾーンはもちろん男女共通。オジサン達にとってはちょっとうれしいかもしれない。
    水着ゾーンは内湯4つ、子供用プール並の浅めの低温円周風呂と、不定期で湯質が変わるイベント風呂、高温の檜風呂、そして中温のバイブラ風呂に分かれる。男女別の風呂は、内湯、露天風呂、サウナ共にそれなり。水着エリアの露天風呂は富士山が目前で、ロケーションはとてもよいが、池みたいな浅い露天が3つ4つ散在しており、なんか池の中の鯉になったような気がしてしまうのだ。
    • 料金 :・平日 ¥900円・土日祝 ¥1,300円
    • TEL :0550-75-2681
    • 交通ルート :静岡県小山町須走 : 0550-75-2681 (約15分)
    • URL http://www.tokinosumika.com/tenkei/
  • ごてんば高原 御胎内温泉

    75 point
    中の休憩室、レストラン、そして風呂場と全体的にまとまっている感じ。温泉は定期的に男湯と女湯が入れ替わるのが特徴。
    内湯は左右ほぼ同じつくり。ちょっと深めの中温風呂とバイブラ&ジェット風呂そして高温サウナが1つ。余り効用がなさそうな打たせ湯が2つ。
    露天風呂はそれぞれ檜風呂と洞窟風呂など少々異なるが、天気の良い日には富士山がドーンと目の前に見え、極楽極楽。
    ただ、この温泉は市営の割には少々料金が高いのでは?
    それと場所も少しわかりにくいので事前にチェックを!!
    東名高速を使って帰られる方は、山中湖からの帰り道なので立ち寄ってみてはいかが?
    • 料金 :・10時〜21時 ¥1,300円・18時〜 ¥700円
    • TEL :0550-88-4126
    • 交通ルート :静岡県御殿場市印野 : R138〜市道 (約30分)
    • URL http://www.otainai-onsen.gr.jp/
  • 御殿場高原温泉 気楽坊

    80 point
    山中湖から30分かからないでいける温泉施設。平日でも、いつ行っても大体混んでいる。理由はたぶん、ホテルに併設されていることや、常に宿泊イベント、日帰りイベント等が行われていること。そして、隣接の「御殿場高原ビール」に人気があるためだと思われる。
    風呂自体の設備は充実しており、露天風呂も気持ちいいが、露天にはあまり長く入っていたいと思わないのは何故だろう?また、露天近くの塩釜サウナがとても具合良く、それはオススメ度◎。内湯にはめずらしい“死海”の塩の湯もあるが、体に傷があると少々つらい。
    気になったのはお湯の温度で、内湯も外湯も以前行ったときは殆ど同じくらいの熱さだった。少々ぬるめの風呂が欲しい。帰りにフロントで改善策を申し伝えたが、どこまでわかってくれたかな〜
    • 料金 :・平日 ¥1,500円・土日祝 ¥2,000円
    • TEL :0550-87-3700
    • 交通ルート :静岡県御殿場市 : R138〜R246 (約50分)
    • URL http://tokinosumika.com/kirakubo/
  • 富士眺望の湯 ゆらり

    70 point
    風水と波動を活かした効く温泉というふれこみでけっこうここのファンは多いようだ。
    内湯は1Fと2Fに分かれる。脱衣所から2Fの内湯にまず入ると、普通の中温風呂が1つある。そこから見る富士山も絶景ではあるが、2Fベランダに3つある“たる風呂”から見る景色には圧倒される。2Fから1Fに内湯から下りると、洞窟風呂と洞窟サウナ風呂がある。もともと風水を活かしたつくりなので、なんとなく幻想的である。ここには砂風呂もあるが、別料金なので注意。
    さて、露天風呂に行ってみよう。浅瀬の高温外湯が1つと、八角形?の建物の中にあるジャグジーは蒸気で景色も見えないし、意味不明? この辺のスペースは中途半端でなんかとても惜しい気がする。ここは通年通して賑わっている。山中湖からは河口湖ICを越してさらに元本栖湖方面へ行く途中です。
    • 料金 :・大人 ¥1,200円・子供 ¥600円
    • TEL :0555-85-3126
    • 交通ルート :山梨県鳴沢村 : R138〜R139 (約40分)
    • URL http://www.fuji-net.co.jp/YURARI/
  • 西湖温泉 いずみの湯

    60 point
    最近(2000年オープン)できた西湖にある立ち寄り湯。内容はなかなかコンパクトで、黒潮風呂、まこも風呂、サウナ、打たせ湯とひととおり揃っており、また露天風呂も大きくはないがなかなか気持ちいい。
    残念なのは、露天風呂の目隠しで、前面に塀が張り巡らせてあり、それがなければおそらく西湖がよく見えたところか? また一つ疑問なのが、黒潮風呂と唱っている風呂なので、なめてみたが全くしょっぱくなかった。黒潮の意味が違うのか?
    地元客多し。
    • 料金 :・大人 ¥900円・小学生 ¥500円・幼児 ¥400円
    • TEL :0555-82-2641
    • 交通ルート :山梨県富士河口湖町西湖 : R138〜R139〜町道 (約55分)
    • URL http://www.lakehotelsaiko.jp/izumi.htm
  • 河口湖温泉郷 天水

    50 point
    河口湖温泉郷の立ち寄り湯。河口湖町初の温泉であることから、他湯の施設状況を研究できなかったのか、温泉フリークが期待してここをたずねるとおそらくがっかりするものと思われる。しかしここの湯質はいいという評判も聞く。
    内湯は檜風の風呂が1つと寝湯が3つ。露天風呂は何をイメージし、何がコンセプトなのかよくわからない。また、温泉の温度や作りなど、訴えるものが全然感じられない。要はあまり気持ちよくなかったのだ。いい点を強いてあげれば、サウナからすこし河口湖が見えるぐらいのところか? 今後の奮起を促したく、さらなる発展を願う。
    • 料金 :・2hまで ¥1,000円・2h〜 ¥1,500円・子供 ¥700円
    • TEL :0555-76-8826
    • 交通ルート :山梨県富士河口湖町河口 : R138〜R137〜湖畔道路 (約0分)
    • URL http://tensui-kawaguchiko.com/
  • 道志川温泉 紅椿の湯

    80 point
    山中湖村の隣に位置する道志村の温泉。
    道志は全国屈指のオートキャンプ場のメッカであり、そのため、オンシーズンの入湯客はキャンパーが多い。
    「へぇー、山梨って富士山ばかりじゃないんだ」と思わせる道志渓谷の景観は湯に入りながら拝める。
    道志川(地元民は大川と呼ぶ)の水はミネラル質が高く、何カ月経っても腐らないことから、その昔は遠洋漁業の蓄水として使われた。そんな温泉の湧温水は「紅富士の湯」や「石割の湯」の源泉である富士の湧き水とは違い、道志特有のものであり、泉質はどちらかというと「お肌」に良いとされている。内湯は中温低温それぞれ2つ。かけ湯に源泉を施しているところがうれしい。露天は岩風呂のみだが、その景観はとても良い。鮎解禁シーズンなどには釣り人の姿さえ見ることができ、裸で挨拶をしてみては・・・
    近くの道志温泉(村営)はかなり小さめ。お間違いなく。
    山中湖からは車で15分ほどでついてしまう距離。山中湖に来たついでに立ち寄ってみては?
  • 山中湖温泉 石割の湯

    80 point
    名称の由来は近くに「石割神社」があることから。
    当時は山中湖村初の温泉ということから、地元の期待は高く、未だに地元山中湖村民による人気は高い。
    周辺の地元民は民宿やみやげもの屋などを営む人達が多いことから、観光客に対して気さくな人が多い。地元山中湖の情報にふれあうならおすすめのポイントである。
    内湯3つ、打たせ湯2つを含む中温風呂と寝湯3つと源泉風呂、狭いサウナが1つ。
    露天風呂は低温の檜風呂と高温の岩風呂。この低温(38℃〜39℃くらい)の露天風呂がちょうどよくてたまらない。ここの露天風呂に病みつきになってしまう人も多いと聞く。
    そして「紅富士の湯」のスケールをもたないことからも、常連地元民の「甲州弁」が鳴り響く。うるさいと思う人はそそくさと出て、興味ある人は山中湖の地元民に話しかけてみよう。きっと飽きない時間が生まれるはずだ。
    この湯は何といっても「湯質」が良い。退湯してから数時間経ってもぽっかぽっかであり、寝付きの悪いおとうさん、おかあさんは必湯である。
    • 料金 :・大人 ¥700円・学生 ¥500円・小学生 ¥200円
    • TEL :0555-20-3355
    • 交通ルート :山梨県山中湖村 : R413 (約10分)
    • URL http://www.ishiwarinoyu.jp/
  • 山中湖温泉 紅富士の湯

    90 point
    富士五湖でももちろん山中湖でも超人気、絶好調、そして一押しの山中湖温泉・紅富士の湯。
    別に地元だから押しているのではなく、とりあえず今はこの辺では一番人気といえるだろう。
    ただ、その人気にあぐらをかいていると、一気に凋落してしまうだろう。
    実際、その兆候が出ている場面にあたることがたまにある。去年はサウナの中のテレビが故障して2ヶ月以上もほったらかしになっていたり、ある知人は1Fの食堂の生ビールの泡の量が多く、文句を言っていた。紅富士よおごるなかれ!!
    気がついたことがあったらどんどんフロントに言うべし!!
    それでもダメなら村の観光協会に言いましょう(0555-62-3100)
    内湯は3つ。ジェットバス3つを備える内湯が1つ、バイブラ、寝湯を3つ備えた内湯が1つ、そして低温源泉の湯に分かれる。
    極めつけは露天風呂。高温の岩風呂(42℃〜43℃)と、思わず入湯しながら寝てしまうほどよい低温(37℃前後)の広ーい檜風呂は圧巻。「お〜、体がとろける」
    サウナは2種類。中温のサウナと低温のミストサウナ。
    サウナと源泉ぬる湯との交互入浴があなたを天国へといざなう。
    いずれにしろ、山梨県内随一の広さと景観を誇る温泉といえる。
    最近では山中湖ならではの溶岩での岩盤浴などもはじめている
    温泉好きの方は山中湖へ着たら一度お風呂から見える富士山を眺めてみるのもいいかもしれませんね。
    • 料金 :・大人 ¥700円・学生 ¥500円・小学生 ¥200円
    • TEL :0555-20-2700
    • 交通ルート :山梨県山中湖村 : R138 (約10分)
    • URL http://www.benifuji.co.jp/
  • ふじやま温泉

    70 point
    平成18年11月オープンということで、館内はとても清潔感があり、また、純和風浴室とうたわれる大浴場の雰囲気もなかなかいい。この浴場は、桧やけやき、松などをふんだんに使った梁組みが特徴で、湯船につかり上を見上げると、とても味わい深いものがある。
    湯船の種類も、大風呂、バナジウム風呂、日替わり風呂、寝湯、サウナ、水風呂、露天風呂とそれなりにあるが、なにか物足りなさを感じた。
    そうだ!湯の温度差の構成が何かちがうような気がする。
    少しぬるめでゆっくり落ち着いて入る湯船がひとつあれば言うことないんだけれど・・・・
    露天風呂もなかなかいい感じではあるが、もう少しゆったり感があったらいいのに、なんだかとても惜しい気がする。

    源泉は炭酸水素塩泉ということで、なんでも抜群の美肌効果を持つことで知られているということだ。
    また、館内あちこちから富士山を目前に望むことができ、晴れた日に休み処から見る富士山は素晴らしいものがある。ただ露天風呂からは、立ち上がらないと富士山はよく見えない。
    またここは富士急グループの経営で、関連施設を利用すると割引があるようだ(HP参照)。

    ということで、全体的にはよくまとまった感があるが、トータルで料金を考えるとちょっと高いかな〜。
    う〜ん、やっぱなんか惜しい・・・。
    • 料金 :・平日 ¥1,500円・土日祝 ¥2,000円
    • TEL :0555-22-1126
    • 交通ルート :山梨県富士吉田市 : R138 (約25分)
    • URL http://www.fujiyamaonsen.jp/
  • 富士八景の湯

    70 point
    • 料金 :・平日 ¥1,500円・土日祝 ¥1,650円
    • TEL :0550-84-1126
    • 交通ルート :御殿場 : R138 (約35分)
    • URL http://www.fujihakkei.jp

ご予約 & お問い合わせRESERVATION & CONTACT

TEL.0555-62-2280